中学校の先生のホンネ

サラリーマンから公立中学校の先生に転職した私が、現場の実際のところや日々感じること、思うところをまとめていきます。これから先生になろうと考えている人、現場の先生がただけでなく、学校と何らかのかかわりのある全ての方に読んでもらえたら嬉しいです。

平日は終電、土日はガリ勉。私がサラリーマンから教師に転職するまで(その4)

今年度もあと4登校日で終了。1年は本当にあっという間に過ぎていきますね。

 

あと4日でクラスの解散ということで、綺麗に終えるための準備も着々と進行中。今年はいつの間にか「体育祭で優勝したから、先生は焼肉をおごってくれるんだよね?」というわけのわからない論理を展開され(笑)、これをいかに対応するかがカギとなっております。

 

また、職員側は来年度の人事についての話題がもっぱらでしたが、いよいよその期間も明日で終わり。いよいよ人事発表です。

 

同じ自治体でも、発表の時期はまちまち。部活動で懇意にしている先生の学校は、先週の金曜日に発表がされたそうです。この辺は各校の異動人数と校長のさじ加減なのでしょう。

 

この、ギリギリまで来年度の組閣がはっきりしないのも、学校という組織の面白いところかもしれません。企業なら異動前の仕事引き継ぎ期間が設定されますが、学校の場合、例えば部活動で言えば4月から新顧問が部活を始める時、旧顧問は次の学校に転勤しているため、引き継ぎは1時間程度の立ち話くらいのものです。少なくとも私が着任した時はそうでした。

 

※協会登録のことや部費のことなどは書類である程度まとめてもらっていましたが、あとはヨロシク、という感じでした。こうならないように、本来であれば次の第一顧問になる職員を前年度から勤務させて、1年間かけてじっくり引き継ぎ、というのが一番理想的なのですが…毎度毎度、そうはいかないみたいです。私の場合は、たまたまそのハズレパターンだったようです。

 

ましては、私の場合はサラリーマンから急きょ先生。もちろん自分で選んだ道でしたから文句も何もありませんが、カルチャーショックがあったのは紛れもない事実です。でも、それすらも歓迎!と思えたのは、地獄のような転職活動の1年間があったからです。

 

続きを読む

教科・部活・役職・年数・未来予測…複雑怪奇な学校のストーブリーグ

あっという間に3月。明日、卒業式というのがオドロキです。ブログも気づけば2か月近くほったらかしになっていました。 更新したい気持ちはあったのですが、家に帰ってくる時間も遅く、記事を書く元気がなかったのが正直なところ。それだけこの1~3月が忙しかったんです(詳しくは以下の記事よりご確認ください)。

 

challenge-teacher.hatenablog.com

 

ところで、2・3月になるとザワザワと噂が立つのが来年度の人事。私はこの時期の妙なワクワク感と不安が入り混じった”まどろみ”が好きです。笑。

 

サラリーマン時代にも異動はありました(しかも結構頻繁に、です。おかげさまで総務から企画、広告宣伝、営業まで、幅広い業務を担当させていただきました。笑)が、学校の人事異動というのはかなり複雑。そう一筋縄でいくものではない、ということが、現場に入って年々わかるようになってきました。

 

続きを読む

送る会、卒業式、入学式、会報誌作り…結構忙しい生徒会役員の1・2・3月

今、私の勤務校では卒業式に向けての準備でバタバタしはじめました。

 

本校では、いわゆる「式」だけではなく、催し物的なものとして「3年生を送る会」というものも、卒業式の数日前に実施しています。おそらく多くの学校で行われているのではないでしょうか。

 

学校を引っ張る1・2年生が、卒業する3年生を送り出すためのイベント。12月に選挙で選ばれた生徒会役員が中心になって進めていくのですが、もちろんすべてを生徒任せにはできません。こちら側である程度はネタを考えておき、その上で生徒に話を振ってアイデアを出させる。ダメなら、職員側で考えていた企画で…という流れです。

 

生徒会役員はこの時期は多忙で、「送る会」の他にも、各委員会活動の報告会を全校生徒で行わない代わりとして発行する「会報誌」の作成や、次年度の1年生の保護者向けに行われる「新入生保護者説明会」の寸劇準備&練習、「入学式」の準備など、てんてこまい。私は「送る会」を担当するのですが、生徒は全部やるわけです。(これって、そもそも無茶じゃないですか…?汗)

 

続きを読む

東日本大震災が教えてくれたもの。私がサラリーマンから教師に転職するまで(その3)

2016年。学校が再開して2週目に入りました。

 

私の勤務校では「教育相談」といって、夏休み・冬休み明けには必ず生徒と担任の1対1面談を行っています。

 

長期の休みというのは、子どもたちにとって変化が起こりやすいもの。夏休みと比べれば、冬休み中の変化というのは大きなものではないことが多いですが、生徒のようすを観察して不安やストレスなどがないかを確認するわけです。

 

もう中学生(芸人ではないですよ)、されど中学生。まだまだ精神的には発展途上ですから、サポートは必要な時期です。あまり過保護になってもいけませんが、不安が解消できるような支援が求められます。

 

自分が中学生の頃、こんなことしてくれていたのかなぁ?と思い返してみても全く思い当たるフシはないのですが(苦笑)、きっと支えてくれていたことと思います。

 

お世話になった教師に感謝するのは、こうして何年も経った後。そう思うと、今目の前にいる生徒に憎まれ口を叩かれようが何だろうが「まぁ、いずれわかってくれる(かもしれない)のでいいや」と、ドーンと構えることができます。

 

改めて、営業などの「短期的な売上・利益」と比べて、目に見えにくく、人生という尺度で見るほど、めちゃめちゃ長いスパンで向き合っていく仕事なんだなぁと思うばかりです。

 

続きを読む

すべては時間との闘い。「授業を改善したい」という想いと、言い訳がましい現実。

世間では4日より仕事始め、という企業が多いようですね。学校、ことさら私の勤務校では7日から授業再開です。

 

「いいなぁ…」と民間企業で働く妻にも言われますが(苦笑)、部活動は4日から再開しています。「部活動だけじゃん…」とも言われますが(汗)、7日から始まる授業の準備で職員室は半数くらいの職員は出勤していました。

 

じゃあ残りの半数は?というと、部活動も授業もない、という人は有休をとってゆっくりお休みされています。汗。幾度となく授業を繰り返されてこられたベテランの先生は、準備の必要もないみたいでゆっくりされています。それが現実です。

 

時代の変化に合わせて授業スタイルを変えなければ、という意見がある一方で、高度経済成長を生み出したのは日本型教育だ、と言わんばかりに旧態依然とした授業を好む先生もいらっしゃいます。どちらが正義かはわかりませんが、現場は混沌としているものです。どの学校でも、これは同じだと思います。私含め、教師はガンコですから。笑。

 

続きを読む